サイトのお引越し

以前のサイトからこちらに引越してきた。引越しと言っても、以前の@niftyホームページから、同じ@niftyが運営するLacoocanというホームページサービスへの移動だから、古いアパートから隣にできた新築のマンションに移ったようなものか。

以前はHTMLを手打ちし、いちいちFTPでアップロードしていたが、一連の手間が面倒だし、ちょっと手の込んだサイトなんか作るのには相当勉強しないといけないということで、解決策を探していた。最近 WordPress という無料のCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使用すると、結構高機能なサイトを簡単に作成できるらしいという話を聞いて興味を持ったのと、@niftyの新しいホームページサービスではWordPressを自動インストールできるということで、この際、頑張って引越しをしてサイトを作り直すことにした。

というわけで、このサイトはWordPressを使用して作成している。何もわからない状態からだったので、この参考書に全面的にお世話になって、どうにかここまで来ることができた。深く感謝したい。
ソーテック社
WordPress Perfect GuideBook 3.x対応版 [単行本(ソフトカバー)]
佐々木 恵 著

まずは本書の記載の通りに一通りサイトの作成や修正を行い、次に以前の自分のサイトの内容をこちらに移してみた。使い勝手等が少し理解できたところで、CSSにオリジナルの修正を加え、さらに本書では触れられていないところはネットで調べながら変更を加えていった。

この本の通りに作成すると完成する見本が、「WordPressパーフェクトガイドブック 本書の著者による公式サポートサイト」として公開されている。この見本サイトと本サイトを見比べていただければ、基本構成はほとんど一緒で、一部に少し手を加えただけなのがよくわかると思う。

この本は、コンパクトな中にWordPressの基礎から、サイトの作成、見た目の各種カスタマイズ、サイトの運用までがしっかりと記載されており、書いてある通りにやれば、とりあえず何とかなるという点で、お勧めだ。

ただし、コンパクトな本に多くを詰め込んだためか、ちょっと字が小さいので、特に慣れるまでは、CSSを手で入力する際に、”,” と “.” や “;” と ”:” の区別が難しく、目の老化を感じる身としては結構つらかった。

WordPressには予めいくつものテーマが用意されており、それを元にカスタマイズすれば比較的簡単にお好みのサイトを作ることができるようになっている。今回は “twenty thirteen”  という最近のテーマを使用しているが、これは最初からレスポンシブルデザインに対応しているので、スマホやタブレットからの閲覧にも対応しているというのもうれしいところだ。

WordPressを使用すると、確かに新たなページの作成や新たな記事の投稿や、既存のページの修正などは簡単である。また、サイトの構成を変えたりした際に、いちいち関係するURLを探して書き換えるなどという手間がいらないのはとても助かる。ただし、単なる文章だけであれば良いのだが、思い通りの表を入れたり、少し変わったことをしようと思うと、一応、いろいろ修飾可能なビジュアルエディタがあったり、表の作成を助けてくれるプラグインなどがあるとはいうものの、なかなか思うようにならないところもあって、結局HTMLで表記することになったりする。ネットで探せば、もっと便利にしてくれるプラグインもいろいろとありそうなので、改良していくこともできるだろうと思う。

サイトの更新が相当に楽になったこともあり、これを機に、こちらのサイトでブログを開始しようと思う。まだ、どんな内容を書き込んでいくことになるかわからないが、よろしくお願いします。

なお、以前のサイトの「東京地方 過去の天気予報一覧」は、当面はそのまま残しておこうと思う。サイトの性質上、容量がどんどん増え続けるのが宿命であり、もうすぐ容量制限に達するのだが、その際には、古いデータだけをこちらのサイトに移そうかと思う。何せ、それなりに長く続けていることもあって、お気に入りに登録をされている方や、このサイトに直接リンクを張っている方も多くおられそうなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です